借地権の売却の注意点

借地権付きの住宅のメリットとしては、旧借地権での契約であれば建物が存続する限り半永久的に住み続けられることや、所有権より安価で購入できること、土地の取得税や固定資産税などの負担がないことなどがあります。

借りている土地が不要になったり、借地の契約の更新を考えていない場合は、借地権を売却することが可能です。借地権の売却で注意しなければならないことは、借地権設定者の承諾が必要となることです。そのため、借地権設定者がどのような意向なのかを確かめることが重要です。借地権設定者の意向によっては、借地を買い戻してくれるケースもあります。

借地権設定者が借地権の売却を認めてくれない場合は、裁判所に対して譲渡の許可を求めることになり、これを借地非訟といいます。買い手が見つかっていないと借地非訟は起こすことができないとされています。借地非訟を起こすことによって借地権設定者との関係が悪化してしまいますし、提訴から許可がおりるまでに時間や費用がかかってしまうので注意が必要です。

借地権設定者から承諾許可が得られても、個人で借地権を第三者に売却することは容易ではありません。借地権付き住宅は様々な制約があり、購入資金を調達するときに銀行融資が受けにくいため、新たな買い手がつきにくいといわれています。

借地権の売却の注意点