借地権とは

当サイトでは、借地権売買の無料相談に関する内容について紹介しています。借地権とは、自己所有の建物を建てるために、他人の土地を借りる権利のことをいいます。土地を借りる権利を持つ人を借地権者と呼び、土地を貸す側の地主のことを借地権設定者と呼びます。

借地権には、大きく分けて旧借地権、普通借地権、定期借地権の3つがあります。旧借地権とは、借地期間が満了しても借地権設定者に正当事由がない限り、借地権が更新されるというものです。これに対して、平成4年に制定された新しい借地借家法で設定されたのが、普通借地権と定期借地権です。普通借地権とは当初の借地期間が30年、1回目の更新は20年で、2回目以降の更新は10年となる制度です。借地権者が望むのであれば、借地権設定者に正当事由がない限り、契約は自動的に更新されます。定期借地権では契約の更新はなく、期間満了時には土地を更地に戻して、借地権設定者に返還することが原則になります。契約期間は、50年以上とするのが一般的です。

旧借地権においては、借地権者側が手厚く保護されていて、借地権設定者との間にトラブルが多く発生してしまい、新法に改正されました。しかし、現在でも旧借地権での契約が多く見られ、旧法と新法が混在している状況になっています。当初旧借地権で契約したものは、更新後もその内容が引き継がれます。新法への切り替えは更新ではなく、契約をし直す必要があるため契約条件によっては注意が必要です。

借地権とは